MENU

豚足と言われ・・・

自分でも昔から足は細くないと思っていたのですが、他人にひどい言葉を投げつけられたときに大きなトラウマになりました。

 

私は上半身は細く肉がほとんど付きません。

 

なので座っているとよく痩せていると言われるのですが、その分余計に足の太さが目立つということもあり、スカートはあまり履かないようにしていました。

 

ですが、会社の立食パーティに出席しなくてはならず、仕方なくスカートを履いたときがあったのです。

 

そのとき酔った男性上司に、「お前は足が太いな」とストレートに言われて、自分が気にしていることを無神経に指摘されたことにすごく傷つきました。

 

しかも私を呼ぶ時に大声で「おーい、豚足!」と言われたとき、悔しくて怒りで泣きそうでした。

 

これがある意味、私のやる気を起こさせるスイッチになりました。

 

絶対に綺麗で細い足になってスキニーを履いて見せつけてやろうと思いました。

まずは浮腫みの解消が大切

単に足が太いといって、いきなり引き締める運動をしてもあまり効果はありませんでした。

 

そもそも私の場合は、浮腫みがひどくて太くなっていたのです。

 

浮腫みをきちんと取り除いてから、引き締める運動をしていかないといけません。

 

そこで普段の生活で着圧レギンスを履くことにしました。

 

仕事中や外出時に少しでも浮腫みを解消できるように圧力をかけて、リンパを刺激するというものでした。

 

また、お水を1日2リットル以上飲むこと、お風呂上がりに引き締めジェルで足をマッサージすることをほぼ毎日続けてみました。

 

どれも浮腫みを取り除くためによく行われる方法です。

 

特にお水をたくさん飲むことでトイレの回数が増えて、体内の余分な水分が排出されていくという仕組みを知って、普段飲みコーヒーやお茶を控えてみました。

 

体内からと外からのアプローチで浮腫みを取り除いていこうと考えたのです。

運動していないのに効果は十分

特に引き締める運動をしていなくて、これだけでだいぶ足が細くなりました。

 

個人的に一番つらかったのはお水をたくさん飲むことでした。

 

それまでお水を飲むという習慣がなかったことと、喉が乾かない限り水分を取ることがなかったので、最初は飲みたくないけど飲むという感じでした。

 

それでも毎日続けていくとだんだん慣れていて、1日2リットルも飲めるようになっていきました。

 

すると30分に1度くらいのペースでトイレに行くようになり、余分な水分が排出されることでふくらはぎが前より柔らかくなったのです。

 

そこで引き締めジェルでマッサージをすることで、相乗効果が生まれいき、目に見えて細くなったことを実感しました。

 

ちなみにマッサージも下から上にぐいぐい押し上げるような、簡単なマッサージですが、それでも充分に効果が感じられましたよ。

更新履歴